会話のキャッチボール

メールを楽しむ

メールだからこそのんびり返したりする人もいるので相手から返って来なくても待つようにしましょう。

一方的に送るのはNG

メールで大切なのは一方的に送るようなことは避けたほうがいいです。例えば伝え足りないことや間違って途中で送信を行ったりメールで打ち間違いを訂正などをするときは連続で送ってもいいですが、基本的には会話と一緒でキャッチボールをすることが大切です。

出会い系サイトを利用している人というのは基本的に社会人経験者の方が多いです。そのため常日頃から携帯をいじれると言うわけではありません。職場では携帯の持込が禁止されていたりすることもありますし、仕事中に携帯をいじっていたら起こられてしまうという事だってありますよね。

営業マンであろうとも個人の携帯ではなくて会社から支給されているものだってあるわけです。ですから休み時間程度でしか出会い系サイトにログインすることが出来ないと言う人も少なくありません。

休み時間中に出会い系サイトにログインしてみたら同じ人から何通も連続で送られてきたら送ってこられた人からしてみればびっくりしますよね。

今日も一日頑張ろうとか今休憩中!とか昼飯はこんなご飯を食べたよ!といった感じのメッセージだったらまだ分かりますが、何でメッセージを返してくれないの?みたいな感じで相手に催促するようなメールを何通も送ったら相手は恐怖を感じます。

送ってくれないからと言って一方的に送るのではなくてメールのキャッチボールをしていくようにしましょう。我慢することも大切です。

↑ PAGE TOP