終電を気にしてあげる

がっつかない

終電を逃そうとする好意は女性からしてみれば身の危険を感じるものです。

女性は安心する

男性はデートに夢中になってしまって電車や帰宅時間を考えない人が多いです。特に最初のデートで付き合うまで持っていこうとして張り切ってしまってついつい話に夢中になってしまう人が多いので気をつけなければいけません。

最初のデートは思った以上に疲労となってのしかかってきます。見知らぬ人と二人っきりで話すというのは気を張るものです。女性はもし乱暴をされたらどうしようとか無理やり襲われたらどうしようという不安も感じてしまうわけですから肉体的疲労よりも精神的疲労の方が大きくのしかかってきます。

ですから男性はそういった相手のことを気遣ってあげられるようにある程度時間がきたら終電を気にしてあげる用にしてあげてください。

お酒などを飲んでいて今日の終電って何時?って聞いてあげて相手が大体の時間を告げてきたらその30分ぐらい前には最低でも帰ろうか?って伝えてあげることができたら相手はきっと喜ぶと思います。

そういった一言を伝えることで女性は安心しますし、がっついてこないと思いますよね。

むしろ終電を乗り過ごさせようとしている場合は相手からしてみればがっついてきていると思われても仕方がないですよね。

たった一度のデートですべてがうまくいくというのはよっぽど好意を持っていないと難しいものです。そのために優しさや紳士ぶりを見せてあげるようにしましょう。

↑ PAGE TOP